×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

型にハマらないバルーンスカート

バルーンスカートの定義を簡単ながら。
バルーンスカートとは、『ボリュームある全体のシルエットを、裾を絞ってふんわり見せるロングスカート』なんだそうです。
私がここで言いたいのは、定義の中では、バルーンスカートはロングスカートの一部とされていることです。
ところがです。今、巷には丈の短いバルーンスカートが随分目につきます。
特に子供向けのバルーンスカートに至っては、ミニスカートタイプのものが殆どではないでしょうか。
現在では、元の定義を超えたバルーンスカートが沢山発表されているのです。
定義の範疇に収まることを良しとせず、どんどん新しい形にチャレンジして結果を出していく。なんだか、現代の風潮をバルーンスカートが現しているような気がします。
ファッションというのは、既成概念にこだわらず、新しい価値観を作り上げていくことに成長があるジャンルだと思います。ですので、これからも人が考え付かなかったバルーンスカートを発表していって欲しいものだと思いました。

powerd by 楽市360

気になるバルーンスカート

バルーンスカートと聞くと、皆さんはどんなイメージを持ちますか?
バルーンスカートは、文字通り、バルーン(風船)のようなスカートなわけですから、ふわふわっとした優しい印象を持たれるのではないでしょうか。私なんか、可愛らしいイメージをバルーンスカートには持ってしまいます。
ご存知のように、最近のファッションは色んな多様性を求められています。バルーンスカートもその例外ではなく、幅広い女性にはいてもらえるように、可愛い中にも大人っぽさを入れたり、フェミニンな中にゴージャスさを入れたり、と、たくさんのバリエーションがあります。
同じバルーンスカートでも、物によってこうまで違うのかと、私なんか感心してしまいます。
そんな私が、感心を通り越して、ぶったまげるようなバルーンスカートがありました。
それは、私がネットを見ていた時のことです。あるバルーンスカートの存在をネットで知ったのですが、『ええ、そんなバルーンスカートがあるの〜! って言うか、あっていいの〜!』と、言いたくなるようなバルーンスカートだったのです。
それは何と、「ドクロ」柄。実物は見たことがありませんが、一体どんなものなのか。
気になる!!

手作りのバルーンスカート

子供向けのバルーンスカートが人気のある中、今、ハンドメイドの服を着せたいと思うママさんが増えてきているそうです。
可愛いバルーンスカートを我がコに着せたいと思うのが親心なんでしょうね。
今では、そんなママさんに向けて、バルーンスカートの作り方講座がネットでも増えてきて、ハンドメイドバルーンスカートの人気の高さがうかがえます。
おかげで、子供向けバルーンスカートのレパートリーの多さには驚かされるばかりで、中には「えっ、こんなバルーンスカートを今の子供ははいているの?」と思ったりします。
その『こんな』とは、とても子供が着るようなモノとは思えないということで、大人顔負けのセクシーなものだったり、ゴージャスなものだったりするのです。
この分だと、親子でお揃いのバルーンスカートをはいて外出、なんてことも当たり前になってくる感じがします。
なおかつ、それがママさんのハンドメイドバルーンスカートだったら、きっと嬉しいでしょうね。

<お気に入りリンク>
憧れのマルニのワンピース| アルバイト、求人情報 in埼玉| ハイエースでキャンピングカー| ジャパネット高田は通販売り上げナンバー1| クロックスのアリス、マンモス、ジビッツなど| kawasaki〜KH250の伝説| 布ぞうりを作ろう|
Copyright © 2008 バルーンスカートの世界